カードローン審査時の職場や家への在庫確認、疑問の全てををわかりやすく丁寧に説明します。

在籍確認ですが、はっきり言うと在籍確認なしで借りられる会社というのはありません。

しかし、きちんと理由を話して、それ以上の保証を付けることができれば話は別です。

例えば、きちんとした保証人を用意する等です。

そうやって、それ以上の自分に対する信用度を上げることができれば在籍確認なしで融資してもらう事も可能でしょう。

しかし、そこまでする必要はありません。

在庫確認は大したことないのです、個人名で職場や家に電話をかけてくるだけですから。

仮に電話に出なくても、家の電話番号や会社の電話番号などを確認する事はカードローン会社の所持しているデータでできます。

仮に、電話に出なくても在庫確認は成立します。

現在では、信用度が低すぎるひとのみに在庫確認の電話などをするくらいで、信用度がある人には在庫確認をしない場合などもあります。

在庫確認は大したことはないと覚えておきましょう。

5

むしろ、どうぞ、してくださいという態度で審査してもらえばいいのです。

一昔前と違い、現在では職場や家に電話をかける時は当たり障りのない確認方法をするだけで、「あ、これはカードローンの契約のための在庫確認だな」と思われることはまずありませんのでご安心ください。

車のローンや家のローン、その他クレジットカード・・・現在ではみんなローンをしています、何らかの融資を受けているのですから恥ずかしい事ではありません。

では、在籍確認は避けられない野はわかりました、次に、なるべく知られずに借りる方法を学びましょう。

人に一切気づかれることなくカードローンを利用する方法!

消費者金融系、信販系そして銀行系やIT系など、カードローンを利用する方法は今やとても多く、私たちはそれぞれのサービスや内容に基づいて利用する事が出来て便利です。
最近は街中や郊外に多くの無人契約機なども設置されているので、人に知られることなく気軽に利用する事が出来て便利になりました。

無人契約機を利用する場合には申し込み~融資まで30分程度で終わるので、審査にさえパスすればあっというまにお金をゲットすることが出来るので、直ぐにでもまとまったお金が必要な方にとっては大変便利ですよね!しかしながらそれでも無人契約機に入店するまでに人目に触れたりするので、利用する事に対して躊躇される方もいるでしょう。

6

カードローンは利用したいけど絶対に第三者に見られたくない方は、インターネットを活用して各業者と契約を結ぶと良いでしょう。

各金融業者のホームページにアクセスすると、サービス内容の詳細を知ることが出来る上に、そのまま契約申し込みを行うことも出来てしまうのです。
業者によってはクイック審査のようなものがあって、数項目の簡単入力で融資可否の診断を受けることも出来ます。

引き続き本契約に進むことも出来るのでとても便利なのです。
ウェブ上で必要事項を記入して送信すれば直ぐに審査結果が送付されます。

安定した収入のある方でこれまで金融業者との間でトラブルがなければ、まず審査不合格と言うことはありませんが、万一パスしなくてもオンライン上での申し込みですので、時間を無駄にすることがないのでとても便利ですよね。

審査にパスすれば後日送付されてくる書類に合わせて、身分証明書などのコピーを同封して送付することも出来ますし、オンライン上で運転免許やパスポートのコピーを送付することも出来て、これならさらに融資期間を短くすることも出来ます。

おすすめは健康保険証です、免許証はなくても基本的には保健証は持っていると思います、また保険証はあなたが無職なのか、どこかに努めているのか、自営業や会社役員なのか?等、ある程度の身分を把握できるので、カードローン会社からすれば好都合なのです。。

それは、本人を確認する書類であると同時に、職業を証明する書類でもあるということです。
健康保険証にはいくつかの種類があるのはご存知のとおり。
サラリーマンの人が加入している保険といえば社会保険ですし、公務員の方が加入している保険は共済保険です。
それ以外の人が加入している保険といえば、国民健康保険ということになります。

引用元(他サイト)・・・本日中に即日融資のカードローンと保険証の関連性について

業者の方で身元確認などが済めば直ぐにキャッシングカードが送付されるので、コンビニや銀行のATMやCDで人に知られることなくお金を下ろすことが出来るので、一切第三者に知られることも悟られることもなく現金をゲット出来ますよね!さらにオススメはIT系のカードローンです。

こうした業者は現金の振り込みもオンライン上で行ってくれるので、申し込み審査にパスしてしまえばあなたの指定銀行口座に、お金を送金してくれるのでパソコン上で入金の確認も出来て、さらに便利にあっという間にお金を融資してもらうことが出来ますよね!これならネット上で支払いを行う商品を購入する際には、そのまま送金が出来るのでとても便利ですよね。

お金の返済もネット上で出来てしまいますし、もちろんコンビニや銀行のATMやCDでも出来るので便利です。

最近は業者間の競争が激化していて、様々なサービスやキャンペーンを利用することが出来ます。
もちろんこうしたサービスなどもネットから申し込んでも出来ますので、インターネットを活用して積極的に利用してみてはいかがでしょうか!きっと生活が便利に楽しくなるはずですよ。

なるべく知られずに借りる方法で申し込んだのはいいけど必要な書類などがわからない・・・

では次に審査に必要な事、そして返済方法について学びましょう。

カードローン利用申請時に必要な書類・返済方法

カードローン申請する場合、重視されるのは契約しようとしてる人が、ちゃんと返済してくれるかどうかという点となります。
返済がキチンとできるかどうか調査すると共に、契約しようとしてる人の収入状態・就業環境を事前に確かめることが、特に重要事項なのです。

ですから、利用申請する際には収入証明書などの、書類の提示が要求されるケースもあります。
それは、融資限度額設定が50万円以上の場合です。

法律で決められてることですから、金融業者が怠ることはありません。
その、収入を証明する書類ですが、一番利用度の高い書類は源泉徴収表となります。
会社側の発行するこの書類へは、1年間の所得・給料として支払われた金額が記されてるのです。
一般的なサラリーマンであれば、簡単に入手できる書類でしょう。

次に、所得証明書があります。
これは、住民登録してある役所で手に入るもので、給与所得の他の収入がある場合、それを含めた所得のあることも証明できる書類なのです。
ところが、所得の申告を行ってない場合、書類へは記載されません。

その他では、納税通知書・確定申告書・年金証書・青色申告決算書・給与支払い明細書などが、書類として利用できます。
この、どの書類を手に入れて使うかは、生活環境・就業環境で選ぶといいでしょう。
もうひとつ、利用申請で重要となる書類は、家族の利用するケースのものです。

それは、専業主婦でも利用可能なカードローンが増えてるけれど、この場合は収入のある配偶者の同意書・婚姻関係を証明できる住民票といった、書類を提出しなければなりません。
こういった書類の入手が困難であれば、利用限度額が50万円までとなってしまいます。
さて、融資を受けた場合、必ず返済しなければなりません。

融資が受け易ければ、つい借り過ぎたりしてしまうものです。
そうなると、返済するのへ困るケースも出て来たりします。
だから、返済のことを充分考えた経済観念を持つことが重要です。

これは、サービスを提供する金融業者の方で、サポートしてくれてます。
どんなサポートがあるかというと、つい返済を忘れる・手続きが面倒臭くてズルズルと日にちが経つ、こういった問題の解決策です。
幾つかのサポートがあるので、紹介しておきましょう。

まず、ベースとなるのは銀行振込みです。
この方法へはまた、ふたつの方法が用意されてます。
それは、金融業者の口座へ振り込む形式・自動引き落としです。

9

業者の口座へ振り込む場合、手数料の問題があります。
でも、ネットバンクを使えば、無料で利用できるでしょう。

そして、自動引き落としであれば、口座の残金の確認をキチンと行っていれば、返済で問題が起こることなどありません。
それに、ATMからの返済方法を執れます。
この手が主流となりつつあり、利用者が多くなって来てるのです。

ATMからの返済は、金融業者の口座へ返済するのと変わらない方法ですが、利便性が違います。
銀行はもとより、コンビニエンスストアのものでも利用できるので、非常に便利なのです。

では、返済方法はわかりましたが、次では、具体的に在籍確認の時に何が起きるのかを知っておきましょう。

カードローン会社は在籍確認の時、どう名乗り、何の用件でかけてきたりするのか?

apoint

これまで、カードローンやキャッシングを取り扱っているところといえば、消費者金融や信販会社といったところがほとんどでした。
しかし最近では、カードローンやキャッシングを取り巻く状況というのも、大分変わってきているようです。
銀行も、カードローンやキャッシング事業に乗り出すようになってきました。
それはなぜかというと、自社のほかのローン商品に誘導するための、いわば呼び水のような存在にするためです。

銀行は、カードローンやキャッシングを入り口として、住宅ローンや自動車ローン、そして教育ローンといったほかのローン商品にも興味を持ってもらいたいというのがあります。
そのため、呼び水としてのカードローンはやキャッシングは、消費者金融のそれと比べても、全く見劣りはしません。
それどころか、金利に関しては消費者金融よりもかなり有利に設定されております。
さらに、自社のほかのローン商品を利用すると、カードローンやキャッシングの金利をさらに優遇する、そんな銀行もあるのです。
このように、カードローンやキャッシングをめぐる状況は、さらに激しさを増しているといっても過言ではありません。

そんなカードローンやキャッシングですが、申し込みをする際に審査というものを必ず受けることになっております。
それは、消費者金融であっても信販会社であっても、もちろん銀行のカードローンやキャッシングであっても、決して例外ではありません。
ごくまれに、インターネットや電柱の広告などで「無審査」というようなカードローンやキャッシングを見かけます。
これですが、無審査というくらいなのですから、もちろん審査はありません。
ただし、審査がない分、リスクというのはきわめて高めになります。
金利が異常に高かったり、あるいは取り立てや督促がかなりきついものであったりする場合が多いのです。
そもそも、そういったカードローンやキャッシングというのは、いわゆる「ヤミ金」であることがほとんどですので、手を出すのは避けましょう。
では、カードローンやキャッシングの審査というのは、どのようなことを行っているのでしょうか。

まずは、信用情報機関から情報を取り寄せるということがあります。
信用情報機関というのは、銀行やクレジットカード、それにカードローンやキャッシングといった、いわゆる「借金」に関連する情報を網羅している機関のことです。
そこから情報を取り寄せれば、カードローンやキャッシングを申し込んだ人が、どのような借金履歴を残しているのかが一目瞭然なのです。
ただし、これまで借金をしたことがない人に関しては、利用履歴がありませんので、この方法は使えません。

他には、属性による審査というのもあります。
属性というのは何かというと、勤務先や職種、年収や持家の状況、家族構成といった、カードローンやキャッシングの申込者に関するあらゆる情報のことです。
そして、「在籍確認」という審査の方法もあります。
在籍確認というのは何かというと、カードローンやキャッシングの申し込みの際に記載した連絡先に、相違がないか実際に確認するという方法です。

では、在籍確認というのは何をするのかというと、シンプルに直接電話をします。
カードローンやキャッシングの申し込みの際に記載した勤務先や自宅の電話番号に、カードローンやキャッシングの会社の人が直接電話をかけるのです。
意外と古典的な方法ですが、最も確実な確認方法ということがいえるでしょう。
在籍確認の際、相手はカードローンやキャッシング会社の人間であることを名乗りません。
基本的には個人名を名乗ります。
そうすることで、申込者がカードローンやキャッシングの申し込みをしていることを、家族や同僚に悟られないようにしているのです。
ここで疑問がわいてきます。
仮に、カードローンやキャッシング会社の人から在籍確認の電話がかかってきたときに、申込者本人が電話にでられなかった場合はどうするのでしょうか。
在籍確認の電話をかけて、誰も電話に出なかったようでしたら、カードローンやキャッシング会社の人は何回か電話をかけます。
ただし、家族や同僚の人が電話にでた場合には、話が異なります。
基本的には、申込者がその家庭、あるいは職場に在籍していることが確認できればいいのが、在籍確認です。
ですので、家族や同僚の人が「だれだれはただいま席を外しております」とか「だれだれは今仕事に行っております」というような受け答えをしてくれれば、その時点で在籍確認はできたということになるのです。

ところがそこで、「だれだれはいません」というような受け答えをされてしまうと、申込者がそこに在籍しているのかどうかがよく分からない受け答えになってしまいます。
これでは在籍確認が取れないということになり、再び電話がかかってくることとなるのです。
ちなみに、連絡先を携帯電話に指定している方も多いでしょうが、そこに在籍確認の電話があった場合には電話にでましょう。
つながりやすい携帯電話にでないとなると、人間性を疑われてしまうからです。

自分の収入を多めに言ったり、派遣なのに正社員と偽ったり、就職したばかりなのに3年働いてるといったり、借家なのに持ち家と言ったり・・・審査時に嘘を言って自分の評価を高めようという人がいるようです。嘘偽りなく自分の事を相手に伝える事が十条であることを解説いたします。

在籍確認はごまかせるのか?嘘を言ったりするとどうなるのか?

truth1

カードローンのカードを成人の方なら少なくても一枚か二枚くらいは所有していると思います。
そんなものは持っていないとおっしゃる方でも、クレジットカードをよく見てください、キャッシング枠が付いていませんか。
私たちはこのように何らかの形でカードを使って現金を調達する手段を持っています。
ボーナス前の旅行やレジャーに使うこともあるし、親戚の葬式にお金が必要になることもあるでしょう。
そんな時、急にお金が必要になったらカードローンを利用して急場をしのぐことができます。
カードローンの優れている点は、事業目的以外は何にでも利用できるという目的を限定していないローンであるということです。
その点では目的を限定している住宅ローンやマイカーローンなどとは違います。
カードローンを作るためには審査を通る必要があります。
カードを申し込む時に自分の個人情報を記入します。
年齢や性別、職業、会社名、勤続年数、年収、持家か借家か、他のローンの有無など、これらのことを属性と言いますが、この情報をもとにして審査を行うのです。
審査は仮審査と本審査があり、仮審査ではカードが作れるかどうか、つまり融資ができるかどうかを決めます。
本審査では属性と信用情報機関の個人情報をもとに融資枠と金利が決定され、在籍確認をして最終決定されます。
在籍確認は本人確認と勤務先の確認がメインで、電話が本人に通じたらそれで基本的にはOKです。
基本的にと言うのは、たまに融資枠の変更などがあるケースがあるので、その場合は少し電話が長くなるかもしれません。
いずれせよ、本人を確認して勤務先が確認できればいいだけなので、電話の内容自体は簡単で、多分通常では1分もかからないでしょう。
通常では、その確認の電話は職場にかかってきます。
ただしローン会社や保証会社の名前は名乗りません。
あくまでも個人名で電話がかかってきます。
それに受動的に対応していればいいのです。
「○○さんですね」、「カードローンの申し込みをしたかどうか」この2点を確認して終わりです。
その電話では細かい確認はしないはずですが、申し込みに嘘があった場合は例外になります。
良くあるのが年収が違っているという嘘で次に勤務場所、そして他社からの借入れについてです。
年収の間違いでは、見栄を張ってちょっと多くしておこう、などと言うことが良くあります。
申し込みの時点で年収のチェックはしていないからです。
しかしながら最近では、源泉徴収票など所得を証明する書類が後から請求されます。
総量規制の関係で必要になってくるのですが、その時にばれてしまいます。
年収と他社借入れによって融資枠が決まってくるので、あまりに違うのであれば、それ以降に最初の融資枠よりも減額されることがあるかもしれません。
総量規制の対象になる消費者金融とクレジットカードのキャッシング枠は所得を証明する書類が必要になってきますし、銀行カードは総量規制の対象外ですが、銀行はもとから所得を証明する書類を必要としています。
したがってカードローンを作る時は全て所得を証明する書類が必要になりますから、年収の嘘はすぐにばれてしまうのです。
それによって融資枠の変更、最悪の場合はカード発行を取り消されるかもしれません。
そして、他社借入れに関する嘘もよくあります。
例えばA銀行のカードローン枠を50万円持っているのに、それを申告しないでB消費者金融のカードを申し込んだ、といった場合ですが、これもすぐにばれてしまいます。
カードローン審査の中で信用情報機関に個人情報を調べますが、そこにA銀行のカードローン50万の枠が登録されてあるので、嘘はつけません。
信用情報機関には金融機関各社借入れやクレジットの履歴が登録されていて、ブラックに関する登録もなされていまて、ここに登録されていることに関して嘘を言ってもすぐにばれてしまいますし、この場合も、もしその嘘が重大ならばカード発行は取り消されるかもしれません。
自分の勤務先について嘘を書く場合がたまにあるそうです。
在籍確認の電話が職場に行くことを知らないのでしょうか。
この場合、勤務先を大手の名の知れた一流の会社にした方が通りが良い、つまり審査にいいと考えて嘘を書くのかもしれません。
しかし、それも在籍確認によってすぐにばれてしまいます。
そしてこの嘘は2つのマイナスをカード発行会社に植え付けてしまうのです。
一つは、在籍確認が職場に行くと言うことは、ある程度社会常識で、その常識がないと勘繰られてしまうかもしれません。
このような方は、一旦借入れをしたら返済の管理は大丈夫か疑われても仕方がありません。
二点目は、無職ではないかと疑われることです。
普通、どのような会社に勤務していようが働いていれば勤務先を記入するでしょうし、電話番号も正しく書くでしょう。
なぜそれが出来ないのかと言った事を疑われしまいます。
この勤務先に関する嘘は上記の2つのウソとは少し違って、カード発行が取り消される可能性が高くなります。
人間性も疑われるますし、収入源も疑われてしまい、結果的には良い事はありません。
カードローンを申し込んだら在籍確認は必ずあることを知っておいてください。

いままで、審査等の借りる前の事について教えてきましたが、次からは借りた後の注意事項を学んでいきましょう。

早く返せばお得なカードローン

事故や病気に突然襲われると、病院やクリニックで治療しなければいけませんが、医療保険に入っていたとしても、すぐに下りるわけではないので、とりあえずは自己負担で治療費を払わなくてはなりません。

財布の中身に余裕があれば良いですが、いつもそうであるとは限らず、給料日前だと特にそうでない場合が多いので、そんなときには支払いをどうしようかで悩んで困ってしまいますよね。
お金の工面で頭を悩ませていると、ストレスがたまって、治るものも治らなくなってしまうので、そんな場合はカードローンを利用して、支払いを済ませるようにしましょう。

とはいえカードローンと言っても借金ですから、返済時には利息がプラスされるので、そんなにたくさんのお金を取られるのは嫌だし、返済に行きづまったらどうしようと考え、なかなか利用できない方もあるかも知れませんね。

a11

ですが少額短期完済を心がければ、それほど利息も取られないし、すぐに返済が終わるので、気持ちも楽になっておすすめです。
少額短期完済とはその字のごとく、ローン会社から少ない金額を借入して、短い期間で素早く完済してしまうということです。

これを忘れないように実践すれば、支払わなければならない利息の負担も最小限になるので、それほど損したような気持ちにはならないと思いますよ。
お金は借り過ぎると、返せる目途が立たないので、いつ終わるんだろうと暗い気持ちになってしまいますが、少額しか借りていないなら完済の目処が立っているので、それほど気にすることなく生活することが出来ます。

中には性格がルーズで、あまり計画性を持たずに、限度額ぎりぎりまで借りないと損のような気持ちでお金を借りる人がいますが、そういう人はやがて返済が出来なくなり、あとで泣きを見るような羽目に陥るので、考えを改めることが大切です。

多重債務者になって支払いに追われ、電話ひとつでビクビクしたり、郵便で送られてくる請求書の束を見るような目に遭いたくなかったら、きちんと返済計画を立ててから借りることを忘れてはいけません。
債務整理の手続きのために弁護士や司法書士を頼るのも面倒ですから、そこまでの事態にならないよう、お金を借りるときはきちんと自制することを覚えておきたいですね。

また金利を調べてから、ローン会社に申し込む癖もつけておいた方が良いでしょう。
どのローン会社でもたいして変わらないだろうと考え、貸してくれるならどこでも良いから借りるというような真似をしていると、高い利息を支払うようなことにもなりかねません。

ローン会社によって金利が違うので、返済の事を考えるなら、出来るだけ低金利の会社を選ぶに越したことはないので、ホームページをチェックするのも良いし、カードローンの比較サイトを参考にするのもおすすめです。

低金利のローン会社から少額だけを借りて、出来るだけ早く返すという方法を取れば、あとで返済に困るようなことにはならないので、カードローンは賢く利用するようにしましょう。

カードローンを賢く利用する知識は一通り学んだと思います。
しかし、実はそれは当たり前の事なのです。それを知っていてもカードローンに振り回される人も大勢いるのです。
次に、精神的な事、注意点を教えます。

自分に合ったカードローンを

自分に合ったカードローンを契約する事が一番大事なんです。

他の人がたくさん借りているからと言って真似してたくさん借りたりすることのないように注意しましょう!

社会人としてさまざまな現場で働いている、出会いの多い方にとって仕事上の付き合いはなるべく大事にしたいものですよね。
ただそうなってくると問題になるのが月々の出費、一人暮らしの方ならまだしも家庭を持つ方にとっては家計への大きな負担となる可能性があるだけでなく子供の将来設計、老後に向けての貯蓄面でも心配が出てきます。

貯蓄を切り崩さなくてもいいように支出面で削れるところは削る、節約への意識を高める、人生設計に必要な金額を知ることで急な出費にも対応できるお金を蓄えていくことが可能になりますが、どの部分が削れるか、将来的にどのぐらいの金額が必要かどうかなんて素人には計算できませんよね。

そんな時頼りになるのが資金・人生計画などあらゆる相談に応じるファイナンシャルプランナー、収入と支出のバランスを見直し人それぞれに最適な人生プランを提示してくれるその道のプロです。

ファイナンシャルプランナーに相談することで仕事での会合や接待費、知人との交流費など月々の出費にも対応できるお金を工面できると思いますが、給料日前などお金が無いときに限って急な出費は重なるものです。

実は私も結婚式に週に3度も招待され、その全てが親しい知人の結婚式だったため欠席するわけにもいかず10万円近いお金があっという間に飛んでいってしまいました・・その時は給料日前だったのですが前々から利用していた消費者金融のカードローンのおかげで貯蓄を切り崩さずに何とか対応できたんです。

a14

急な出費にも即座に対応できる、カードローンを利用するメリットは正にここに集結していると言っても過言ではなく、そのメリットを最大限活かすために無駄な利用は控える、過度な借り入れは避けるといった日ごろからの節度ある使い方が重要となるでしょう。

金融機関の種類によってサービスの特徴も異なってきますが、敷居が低く初めての方にも使いやすいものと言えば消費者金融系ではないでしょうか。
金利が高く設定されている消費者金融が多く付き合いにくい印象を受けてしまいがちですが、無利息キャンペーンやその他初回限定のお得な特典、プランで利用できるカードローンも多いので積極的に活用したいところですね。

ただ無利息キャンペーンは期間限定に加えその期間を過ぎるとより高めの金利に設定されているケースも多いので、長期利用を検討している方には向いていません。
長期利用を検討中の方には低金利の銀行系がオススメですよ。

総量規制の対象外となっているので年収の3分の1以上の借り入れ総額となっても大丈夫、低金利なので利息分の負担も少なくて済みます。

その分申し込みをしてから利用可能になるまでに日数を要してしまうため、お金が必要になったときではなく前もって申し込みをしておくことが大切でしょう。
自分の状況を把握してどの金融機関のカードローンが最適なのかをインターネットを使って情報収集しておいてはいかがでしょうか?

最後に・・・在庫確認の電話が嫌だと言っている方へ

在籍確認の電話は面倒だし、家族や速場に知られたくないしなるべくしないでほしい・・・

その気持ちよく分かります。

しかし、冷静になって考えてください。もし、簡単に誰でも在籍確認なしで貸していたらそのローン会社の経営は成り立つでしょうか?

答えはノーです。

つまり、そのカードローン会社に敬意があれば、在庫確認をされるのが当然と思いませんか?

お金を借りようとしている人が、身分を明かさずにお金を借りようとしているのがおかしいのです。

 

ですから、ぜひ、在籍確認に協力する姿勢を身に付けていただきたいと思います。

借りる時にちょっと難しいくらいの方がいいと思いませんか?そうじゃなかったら日本のカードローン会社は成り立たなくなり、本末転倒です。

在籍確認を毛嫌いせずに「どうぞ、御調べください、嘘をついてませんから」と堂々と協力ればいいのです。職場や家族にはまずバレません、ローン会社にはそういうマニュアルがあるのです。

kenkyo

貴方が、在籍確認を受け入れ、カードローン会社に謙虚な姿勢で融資をしていたくことが、計画的な返済の第一歩です。

在庫確認が嫌だなんて言っているうちはまだ余裕がありますので、借りないほうがいいでしょう。

それに、最初から在籍確認もせず、適当な契約をするようなカードローン会社はまともな会社ではないでしょう。そんな会社は契約しないほうがマシともいえます。

私のこのサイトの知識を元にして、あなたがカードローンを賢く利用していただければ本当にうれしいですね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ